スポンサーリンク

2017年02月12日

【サッカー】オーバーワークによる経験

スポーツ経験者なら1度は「オーバーワークはダメ」と注意されたことがあると思います。


僕は成長期(11〜15歳)の真っ只中でオーバーワークをしてしまいました。


オーバーワークをしているとき、本人は気がつきません。振り返ってみれば一種の病気だと思います。


経験を元にした内容なので反面教師にしてほしいです。

A08B0BA2-F10C-45B4-9B9E-9B16B57C899D.jpg


僕の場合オーバーワークをするキッカケになったのは、フットボールクラブに入ることが決まり中学に上がる前、顔合わせの練習に参加した際に身体能力が違う(走力、筋力、体力)と不安になってしまったのです。


小学生の頃は足は速い方で、体力もそこそこな方だったがクラブチームの選手と明らかな差を感じました。


後から考えれば普通のことなんですけどね、、、当時の僕は「ヤバい、ついていけない」と思い、練習、試合が終わり家に帰るとにかく走り込みました。


走り込みはクラブチームに入っても継続。走り込みが慣れてくると体力が向上して練習にもついていけるようになります。Aチームに上がり少し試合に出ると敵チームの選手と差を感じることがあります。


走り込み以外にもメニューを追加。


ほぼ毎日嘔吐するまで練習をしました。クラブチームを辞めて部活に入っても継続。筋肉痛はフル無視。


部活の練習メニューでは満足できず、さらにメニューを増加。


学校がある日の練習は以下です。


6:00    約3kmの走り込みと部活の朝練

15:30  部活の練習

19:00  ボールを扱う練習(重め)

20:00  走り込み


学校休みの日の練習はこんな感じです。


6:00    約5kmの走り込みとダッシュ

9:00    ボールを扱う練習(軽め)

13:00  部活の練習

19:00  ボールを扱う練習(重め)

20:00  距離を決めず走り込み



朝から雨ならハムストリング中心の筋力トレーニング。夜は基本雨でも走り込み。どうしても練習ができない日は眠れなくなるぐらい感覚が麻痺していました。


高校に進学しサッカー部の現実を知って入部せず、紹介で社会人クラブの練習に稀に参加している頃は間隔を空けて走り込み(半分くらいの距離)と軽くボールを蹴る程度の練習に落としました。


するとですね、、、身体能力が大幅に向上したのですよ。


50mのベストタイムは6.8秒が6.2秒に。長距離のタイムはほぼ同じ。


驚くことに身長も急激に伸びて大きめに買った学生服がジャストサイズぐらいになるなど身体に大きな変化が現れたんですよ。


オーバーワークのせいで成長を遅らせた可能性が大きかったのです。


適度な休息は大事ということですね。


当時から超回復トレーニングは知っていましたが、休んでしまうとダメになりそうで練習したのが失敗でした。

*超回復トレーニングは筋肉を徹底的にイジメ→休息を繰り返すトレーニング。


逆にオーバーワークのメリットは根性がついたことですね。

10年以上経ちますが、あの時以上にしんどいと思ったことがないのです。

そして現在でも肉体的な衰えが感じていません。

ある意味実践した方がいいかもしれませんね、、、笑



最後に

幸い僕は怪我をしませんでしたが、オーバーワークによる怪我のリスクは高いです。そうならないように身近にアドバイスできる人がいるといいですね。



posted by ニック at 03:46 | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

【サッカー】選抜、トレセンに参加したときにしなければならないこと

今回はサッカーで上を目指すなら絶対に知っておいて損はない内容です。セレクション、クラブチーム、サッカー部にも共通します。

931B3778-D647-43A6-85A8-9F2122B9989F.jpg


選抜、トレセンは他校の生徒と練習をします。市選抜クラスは各学校から数人ずつ練習に来ます。


練習の前から市選抜以上上の選抜にいけない選手と上にいける選手が分かれます。


上に行けない選手は練習の前から自分と同じ学校の選手としかコミュニケーションをとらないのです。


逆に積極的に他校の選手とコミュニケーションをとりにいける選手は上にいける可能性がグーンと上がります。(もちろん例外な選手はいます)


理由はお互いのプレイスタイルを早く理解しようとする姿勢が後々大きなアドバンテージになるからです。


サッカーはチームスポーツなので自分のプレイスタイルを理解してもらうのはもちろん、チームメイトのクセ、プレイスタイルを把握しとかないといけません。理解が早いほどいいプレーに繋がります。(ボール保持率上昇、ロスト率減少)


僕の経験でも選抜などの短期間で構成されるチームではコミュニケーション能力が高い選手がチームの中心になることが多かったです。


それとサッカーを続けていくと必ずチームが変わるタイミングがきます。(入学、クラブ入団、選抜、トレセン)


その時誰よりも早くチームに馴染むことでレギュラーが近くなります。


サッカーにおいて【安定したいいプレー】をする為に普段からいい行いをする選手のことを意識の高い選手といいます。


高校サッカーで見たことがありませんか?


キャプテンで怪我でもないのに控え選手というのを。


このようなケースはチームで1番意識が高い選手をキャプテンに任命していることが多いのです。


意識が高い選手とはコミュニケーションだけではなく、生活習慣、練習に取り組む姿勢、メンタル面も含まれます。



*構図

意識が高い→安定したいいプレー→チームに貢献→評価→ステップアップ


意識が高い選手の例は、元日本代表の中田英寿は早い段階で海外クラブでプレイするのを視野に入れ、早くから外国語の勉強をしていたというエピソードがありますね。


最近の選手だと柴崎岳のサッカーに対する意識の高さは凄いですね。画面越しでも意識の高さが伝わってきますよね。



最後に僕が経験したクラブチームと部活の意識の温度差を書きます。


クラブチームは練習はもちろんサッカーのことを考えた私生活も意識の高さを求めらた。

【クラブチーム練習】
・個人の意識が高い
・練習が始まると手でボールを触ることを禁止(練習内容で触ることはあった)
・定期的にスパイクなど用具の手入れをしているかチェック
・練習が終わるとグラウンドと周辺の掃除
・常に監督かコーチが指導

【私生活】
・挨拶(試合会場で挨拶(怠ると罰走)
・お菓子類禁止(発覚すれば個別練習)
・学校の勉強は大事(僕は全くしなかった)
・公共の交通機関を利用する場合は他人に迷惑がかからないようにする


周辺の地域で厳しいことでも有名でした。


【学校サッカー部練習】
・一部の選手だけ意識が高い
・練習の用意は後輩とBチームがやる
・遅刻者が多い
・監督(顧問)、OBのコーチが稀に指導

【私生活】
・なし


ご覧の通り違いは一目瞭然です。仕方ないことですが始めての練習時は余りに違い過ぎて戸惑いました。給水の時にスプライト飲んでる先輩もいました。笑


指導者が常に練習にいるのが大きいのかな?

大阪トップクラスのサッカー部は個人の意識も高かったのでおそらくそうだと思います。



最後の最後に

選抜の選考会やセレクションは意識の高さ着目点も評価の対象になるので上を目指すなら普段から心がけるとをおすすめします。


posted by ニック at 02:06 | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

【サッカー】シュート、パスが抜群に上手くなる練習法

今回はシュート、パスが上手くなる練習方法を紹介します。

7270BC97-8D2F-42EA-9F20-A65C1239A4E1.jpg


シュートもパスも共通して正確性が必要です。段階に分けてこの練習をすると格段にスキルアップします。


【基礎編】

1.短い距離で強弱をつける
2.左右中央と意識して蹴りわける
3.ボールを蹴るポイントを細かくチェックしながら蹴る
4.距離を広げ同じコトを繰り返す


一見当たり前の練習ですが気を付けて欲しいのが常に理想のイメージを持ってパス、シュートをすると上達が早くなります。



【応用編】

イメージ通りボールが蹴れるようになればパスなら相手、シュートならゴールキーパーの動きをよく見ましょう。


パスセンス、シュートセンスがあると聞いたことはありますよね?


どちらも状況にもよるがパスセンスは意図
がある、シュートは成功率を上げることを感覚的にできる人だと教えられました。


これは練習というよりパスの名手を徹底的に「何故そこに出したのか?」という視点で見るといいですね。

元コロンビア代表のバルデラマはシンプルなパスで試合を組み立てる技術がズバ抜けているので参考にオススメです。


シュートは打つ前の動きも重要だが、レパートリー豊富だとより成功率が上がります。


シュートのモーションをできるだけ抑えるとキーパー、ディフェンスの反応が少し遅れるので有利になります。


元ブラジル代表のロナウドはトゥーキックでゴールを量産しましたね。


トゥーキックはフットサルで使われるテクニックでコントロールが難しいが、モーションが最小限で抑えれるのでシュートとしては効果的です。


*前回の記事で紹介したラダトレーニングもシュートステップに役に立ちます。



パス、シュートの練習はイメージを1番大事にしましょう。


posted by ニック at 10:39 | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

【サッカー】ドリブルが抜群に上手くなる練習方法

今回紹介する練習法はドリブルだけではなくサッカーに必要な動きが自然と上達します。


個人でするドリブル練習は基本コーン、マーカーを使って練習しますよね。


その前に「ラダを使ったステップワーク」の練習を必ずして欲しいのです。いや、毎日練習前と練習後にして欲しいです。


*ラダ=ハシゴ状のヒモ

参考画像(メニューは検索するとでてきます)
643CA9F9-7F6B-436A-825C-05384789C1C5.jpgE46EE2B8-CE9B-481E-85D8-533C1CE794D8.jpg

メニューの順番は自由でオーケーですが注意しないといけないことがあります。


・毎回同じ順番
・同じリズム
・同じスピード


この3つでしてしまうと効果が半減してしまうので、毎回違う順番、リズム、スピードでやるように心がけましょう。


この練習を練習前と練習後にすればドリブルだけではなく、ディフェンスに必要なステップ、ボールを持っていない時の動き(マークを外す動き)が格段に上達します。



個人でするボールを使ったドリブル練習は制限をかけましょう。

・右のみ
・左のみ
・インサイドのみ
・アウトサイドのみ
・足の裏のみ
・イン→アウトのみ
・アウト→インのみ


動かない相手(コーン、マーカー)は抜けて当然なので制限をかけて正確にプレイしましょう。


慣れてきたら抜いたら目線を上げ周りを見るようにするとより試合で使えるドリブルが身につきます。


そして、ドリブルが得意な人向けのドリブル練習は人間相手に抜いた後【背中にタッチ】するのです。


これはFCの監督から練習試合で個人的によく出された課題です。


簡単なようで意外と難しいんですよね。ドリブルのみで相手に対応させず完全に抜き去らないとできないってやつなんですよ。


是非チャレンジしてみて下さい。


posted by ニック at 06:51 | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

【サッカー】部活とFC(フットボールクラブ)の違いを教えます

今回は僕自身が経験した学校のサッカー部とFCの違いを書きます。


プロになった選手、高校選手権に出場した選手など多数とプレーしていたので、プロを目指したりする子供など参考になると思います。


まず僕のサッカーでの経歴。

小学→学校の部活と地元のFC(初心者もいるクラブ)。小5に声をかけられガンバのジュニア見学も家から遠いので諦める。小6セレッソも同じ理由。

中学→小学最後の大会でスカウトされた強豪FCに入るが中1の最後にトラブル起こし辞める→2年から学校の部活に入る。(選抜、トレセン経験あり)

高校→推薦を全部断り公立の高校に入学→部活に入らずコネで大阪1部に種属する社会人チームの練習に参加。

社会人→助っ人でフットサルや某学校の替え玉で出場。←不正です


ポジションはMF全部。


ざっとこんな感じです。


小学は大したFCでもなかったので中学の経験を書きます。


【FC】

スカウトされて入ったFCは地元、周辺の地域ではJリーグの下部組織に続くぐらい有名なFC。


卒業生はJユースのセレクション受けるか、府内、府外の強豪校に進学。(推薦あり)


・練習場所
地域の芝グランド、サッカー部のない学校のグランド、フットサルコート、ナイター設備のグランドを使用。

・月謝あり
練習場所によって別途使用料あり。ユニフォーム支給、チームジャージは購入。

・スタッフ
監督(FC経営者、サッカーの指導の勉強する為にオランダに留学した猛者)、コーチ5人(OBやどこからか連れてきた人)。

・練習
とにかくチーム全体強化の練習が多くてで個人練習は少なかった。メニューが決められている。食生活のアドバイスやノートで研究などもあった。道具も揃っている。

・試合
FCのみ参加できる大会、毎週土日のどちらかは練習試合、長期休みには遠征。


かなり充実した環境でした。


AチームとBチームが分かれており練習、練習試合など別会場ですることもしばしば。


僕は2ヶ月目からAチームの練習に参加、練習試合の相手は基本はFC。学校サッカー部とは滅多に試合はしない。


因みに僕が知る中ではここまではプロになった選手はいません。(選手権には出ていたけど)


トラブルを起こし辞め、通っていたサッカー部に入部。


【サッカー部】

市内では上位成績。

・練習場所
学校のグランド、他の部活もあるので全体使えない。時間も短い。

・練習
ドリブル、パス、シュートなど個人技の練習が多め。

・試合
大会、練習試合は3週間に一回。日曜は大会以外の試合がなければ休み。

・選抜、トレセン
市選抜は1週間に1回の練習を3週にわたって行い選ばれる。トレセンは声がかかって連れて行かれることが多かった。


FCと比べると環境も練習も質はとにかく低い。サッカー部はチーム全体の強化練習を全然しなかったので、レベルの高いチームと対戦すると勝てないと感じました。サッカー部の最高成績は大阪大会でベスト8。


市選抜は他の市選抜の対抗試合が終われば解散。トレセンは継続。


市のトレセンは学校に書類が届いて顧問が選ぶ。


市トレセンより上のトレセンは、声をかけられる→後日学校に電話→連れて行かれるという感じ。


大阪でベスト8になった際、負けた学校の監督から後日学校に電話があり、関西選抜の練習に参加するよう勧められることもあった。(練習場所は府外だったので参加しなかった)


プロになった選手とプレーしたのは市トレセンより上のトレセンと招待された市のトレセンの練習でです。


ガンバ大阪の恩恵が強い市のトレセンの練習に特別に参加した際、一緒に参加していた子がガンバ大阪の下部組織でした。


ユース昇格→プロ契約→数年後ジェフ千葉に移籍。後は知りません。


もう1人は市の上のトレセンでよく顔を合わせていました。(絶対特定できるので高校名とチーム名は伏せます)


高校は九州の高校に進学。プロになったきっかけはJリーグのチームと合同練習の際監督に直接スカウトされたそうです。


僕が進学した公立高校の友人と共通の友達で、卒業前に大阪に帰ってきて遊んだときに聞きました。(Jリーグ選手名簿でシンデレラボーイと書かれていました)


しかし、入団1年で解雇。


偶然再会した時に本人から直接聞きました。

少しエピソード。

隣の市のパチンコ屋に打ちにいったら彼はスロットのメダルを拾っていました。笑(真似してはいけません)


今でも会話を覚えてるので再現します。


僕「あれ!?〇〇やん!」


プロ「(ビクっ!!)、、、あっ久しぶり、、、、」


僕「えっ!?プロ選手がこんなとこいていいんか??」


プロ「あークビになったから、、、」


解雇の理由は監督の退団。元々フロントは全員反対だったらしく監督のゴリ押しで入団できたから、監督がいなくなったのが大きかったらしいです。


この監督はJリーグに詳しい方なら誰でも知っている有名な監督です。


プロの世界はとても厳しいですね。。。ガンバの子はU-18ぐらいまでずっと日本代表だったのにトップチームでは控えに入ったり入らなかったりという感じでした。



話はそれましたが僕はFCも部活でも高いレベルを経験しました。


サッカーをするにはどっちがいいかといえば確実にFCです。


周りのレベルが高いので自然と上手くなる環境が整っています。←かなり重要


約1年しかいなかったがFCを断り最初から部活に入っていれば市のトレセンレベルぐらいで止まっていたと思います。


なので本気でプロを目指している子供の親御さんはお金を払ってでもFCに入れるべきだと思います。上手くいけば高校進学の際特待生だと学費が公立並みになります。笑


推薦を断ったのは推薦がきた高校の学力が高くてついていけるか不安だったからです。


最低限の勉強もしないといけないですね。苦笑


最後に

ぶっちゃけると僕は小学からプロは目指しておらず、ただサッカーをするのが楽しくて兄と兄友達と混ざってる間に上達してトントン拍子にことが進んだだけなのです。


当時はサッカーの試合を見ることなく日本で開催されたワールドカップすら見ませんでしたね。


見る機会といえばミーティングかニュースの各リーグのハイライトやスーパープレイ集。笑

やるのは好きだが見るのは嫌いでした。

サッカーを完全に辞めてから見るようになりましたね。今では見るの大好きです。笑


またサッカーの上達する練習について更新します。


失敗例など絶対参考になるので見てください。

E4CCBD98-0F8C-4FF1-A79F-C82339AFA70C.png






posted by ニック at 07:05 | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク スポンサーリンク